アドラー心理学研究会+(プラス)

アドラー心理学研究会+(プラス)とは

みなさん、こんにちは。アドラー心理学研究会+の代表をしている佐高 葵月代(さたかあきよ)です。

アドラー心理学研究会は、アドラー心理学の理論を実践する目的の任意団体として、2013年から札幌で月に1回勉強会を開催しています。私はアドラー心理学の講師として活動するほか、精神科クリニックの復職支援プログラムで12年にわたり、ヨーガとマインドフルネスを指導しています。 ⇒ 詳しいプロフィールはこちら

アドラー心理学とマインドフルネスは、どちらも人生を豊かに生きるための心理療法です。この2つには共通点も多く、日常生活で実践できる要素がたくさんあります。

アドラー心理学は、自己信頼、自己決定性、自身の勇気づけを通して、他者と調和して互いに幸せに生きることを目的としています。一方、マインドフルネスは、「今ここ」に心をとどめることで、思い込みやこだわりに気付いて手放し、自分自身に思いやりを持てるようになるものです。呼吸法や瞑想、ヨーガの要素を盛り込むため、心身のしなやかさを作ります。

2021年3月からは、これらを融合した内容で、勉強会を進めます。アドラー心理学やマインドフルネスにご興味のある方は、ぜひご参加下さい。

研究会の参加者は、学生から主婦、経営者、教育者、医療関係者など、年齢層も職業も幅が広く、お互いに横の繋がりが持てる温かい雰囲気です。勉強会の内容は毎月、テーマに沿った講義とグループワークで構成されています。各回完結型なので、いつからでもご参加いただけます。毎回25名前後の方が参加し、笑顔にあふれます。入会せずに、お試しでのご参加も大歓迎です!

adoken_01

adoken_02

3月からの変更についての詳細は、こちらをご覧ください

ご参加いただくには

下記をお読みいただき、ご参加ください。

  • 年齢、性別、職業は問いません。ただし、高校生は保護者の承諾をいただいてください。
  • 当会は、相手と自分の存在価値を認め合う「横の関係」を構築する場でもあります。相手を批判したり、攻撃する言動は禁止しています。
  • アドラー心理学の本は、できれば何かお読みいただいてご参加いただくと、講義中の用語など分かりやすいと思います。研究会で読みやすい本としてご紹介しているのは、下記の本です。
          
  • 勉強会は、講義4割、グループワーク6割で、構成されています。グループ内でのディスカッションがあることを、ご了解のうえご参加ください。
  • 当会はアカデミックなものではありません。アドラー心理学の共同体感覚を体験できる場づくりを目指しています。
  • マインドフルネスについては、事前の知識は不要です。本をお読みいただく必要もありません。多少、動きやすい服装でお越しいただいたほうが、リラックスできるかと思います。
  • 北海道、札幌市および開催会場の指示のもと、コロナウイルス対策に最善の注意を払い開催しています。参加者にも手指の消毒やマスク着用など、留意いただいております。
  • ZOOM開催にご参加いただく方は、音声とビデオは「オン」にしてご参加ください。

身近な同僚、家族や生徒に対する勇気づけにご興味のある方は、研究会へ参加してみませんか? まずは自分自身の勇気づけの方法を学び、他者への勇気づけに発展させていきましょう。ご参加をお待ちしております!
スケジュールと参加申し込みはこちら


ヨーガ教室開催日

最近の記事

記事カテゴリー

PAGE TOP