北海道看護協会 北空知支部でのアドラー心理学とセルフ・コンパッションの講演

smaccのセラピスト 佐高葵月代です。2022年11月5日、北海道看護協会 北空知支部様からのご依頼で、オンライン講演をさせていただきました。実は北空知支部様での講演は、2017年11月から今回が2度目になります。今回はコロナ禍で実際にお会いすることはできませんでしたが、画面を通してたくさんの方とお目にかかれたのは、とても嬉しかったです。今回のテーマは「自己肯定感を高める働き方の提案~勇気づけとセルフ・コンパッションの力を高める~」でした。

数回のグループワークのほかに、呼吸法やセルフ・コンパッションのワークも組み込みました。自己肯定感を高めていく手法として、勇気づけの実践が有効であるというお話から、自分を大切にするセルフ・コンパッションへの理解が深まった手ごたえを感じています。日常生活や職場において、お話しした内容がお役に立てますように!

当日ご参加いただいたみなさま、開催までにZOOMでの打ち合せやメールのやり取りをしてくださった委員会のご担当者様、当日運営をいただいたみなさま、本当にありがとうございました。


関連記事

「勇気づけ」と「マインドフルネス」を実践するアドラー心理学研究会Plus
看護職の専門誌に特集記事掲載!

ヨーガ教室開催日

最近の記事

  1. 2024.01.1

    謹賀新年

記事カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP