【11月】胸と脇を緩め、呼吸を楽に!

smaccのヨーガ・セラピスト 佐高葵月代です。今年は季節の変わり目の寒暖差が大きかったせいか、あちこちの紅葉がいつもより鮮やかに感じます。寒暖差アレルギーの方も、そろそろ症状が落ち着く頃でしょうか。みなさん、お元気ですか?

こちらの写真は、10月30日に撮影した北海道大学構内のイチョウ並木です。今年は制限が緩くなったこともあり、大勢の人で賑わっていました。日中は歩行者天国になっていて、真ん中の通路は北12条方面から一方通行となっていました。バンド演奏や落ち葉や木々を使った手作りのワークショップなども屋外で開催されていて、数年前のこの時期らしい雰囲気でした。あと少し、雪が降るまでの間、紅葉を楽しみたいものです。

今月は、簡単な三日月のポーズを行います。肩甲骨周りのコリや背中の張り、下半身のむくみなども、スッキリさせます。胸を開くので、浅く感じる呼吸を、ゆったりさせたい時にも、お勧めです。

  1. 膝立ちになります。
  2. 膝の角度を90度より少し多めに、右足を前へ出し、両手は右ひざの上におきます。
  3. 息を吐いて右ひざを前に出し、膝の角度が90度になる程度で止めます。
  4. 尾骨を真下に下すイメージで、下半身を安定させます。
  5. 身体が安定したと感じたら、両手を膝から離し、息を吸って両腕を前から耳の横までゆっくりと上げていきます。
  6. 尾骨は真下を意識したまま、両手指先は、真上にしっかりと向けて伸ばします。
  7. 息を吸って、胸を前に出すように意識をして背中を反らせます。この状態で5呼吸キープします。※首や腰の痛い方は、無理に反らせないように注意します。
  8. 息を吸って上体を戻し、息を吐いて両腕を前から下して、手は膝の上に戻します。
  9. 右膝を引いて、膝立ちに戻ったら、左足も同様に行います。
  10. 左右終わったら、休息してから、あと1ラウンド(左右1回ずつ)行います。

※膝や腰が痛い方は無理をしないでください。
※身体の声に耳を傾け、自己責任のもとに行ってください。


関連記事

「勇気づけ」と「マインドフルネス」を実践するアドラー心理学研究会Plus
看護職の専門誌に特集記事掲載!

ヨーガ教室開催日

最近の記事

  1. 2024.01.1

    謹賀新年

記事カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP