インカのめざめを使ったニョッキ

smaccの佐高です。
ジャガイモのメニューといえば、定番のコロッケ、肉じゃが、ポテトサラダなどありますが、今日はイタリアンなメニュー、ジャガイモの品種「インカのめざめ」と米粉を使ったニョッキのご紹介です。インカのめざめは、色が鮮やかな黄金色で、彩りを添えてくれます。米粉は小麦粉よりも扱いやすく、こねてもネチっとしません。

★材料★
米粉100g
インカのめざめ 茹でてつぶしたもの 180g?200g
玉子 1個
バター 大さじ1ぐらい
パルメジャーノ 適宜

1.インカのめざめは熱いうちにつぶし、冷ましてから材料をすべて混ぜる。
※玉子は卵黄を先に混ぜ、パサつくようであれば、卵白を少しずつ加減して混ぜて練る。

2.たねは直径2.5センチぐらいの棒状に伸ばし、2本に分けて、ラップをかけて冷蔵庫で30分ぐらい寝かす。

3.打ち粉をしたまな板の上で、1.5センチぐらいの厚さに切り、表面にフォークの背を押しつけて、筋状の模様をつける。

4.大きめの鍋にたっぷりの沸騰したお湯を沸かし、パスタをゆでる時の塩加減で塩を入れ、ニョッキを入れる。
※ゆで過ぎると形が崩れてくるので、要注意。

5.浮いてきたらざるであげる。すぐにソースと和えるのが良いが、時間が空く場合はオリーブオイルを振りかけてくっつかないようにする。

あとは、お好みのソースで軽く和えて出来上がり!
今日は豆乳で緩めたホワイトソースに、ハマグリを合わせてみました。仕上げにたっぷりのアサツキを添えて。春らしい風味に仕上がりました。

ニョッキは切って模様を付けた段階で、米粉を振りかけておけば、ジッパー付きビニール袋で保存が可能です。使う時は解凍は不要、沸騰したお湯にそのまま入れて調理できるので便利です!

イモや豆類は、花粉症予防にも推奨される食材です。ぜひ、お試しください!


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ヨーガ教室開催日

最近の記事

記事カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP