【4月】体のつながりを取り戻す春!

img_2016april

smaccのヨーガ・セラピスト 佐高 葵月代です。
札幌もようやく歩道の雪も完全に溶けてなくなりました。心なしか、散歩をしている犬の足取りも軽そうです。
本州からは、桜が満開のニュースが続き、北海道もあと1か月ほどで桜が咲きそうです。

さて、春は老廃物を体外に出そうとする体質に切り替わる時期です。冬にため込んだ余分なものを、デトックスしていきましょう。冷え性の方は、春先の暖かさに油断せず、身体を温めることを心がけてくださいね。

今月は、ガス抜きのポーズを呼吸に合わせて行います。少しアイソメトリックな力を加えるやり方で、上半身と下半身のつながりを取り戻す感覚を味わってみましょう。腹筋に力が入るので、トイレが近くなる人も多いポーズです。お腹の張りを解消して、複式呼吸を楽にできるよう、ていねいに実習しましょう。呼吸は浅くても良いので、止めないよう気を付けて行います。

終わった後、全身がひとつにつながっている感覚を味わいながら、ゆっくり休息することで、リラックス効果も高まります。

  1. 仰向けになって両足をそろえ、腕は身体の脇に伏せておく。
  2. 右ひざを立てて、息を吸いながら、右ひざを両手で抱え込み、胸に近づけて引き寄せる。
  3. この状態で、手と足を引きあいながら力を加え、ゆっくり5呼吸数える。股関節や膝に痛みを感じる場合は、力を緩める。
  4. 力を加えたまま、息を吸いながら上体を起こして鼻を膝に近づけるようにする。この姿勢で、5呼吸キープする。
  5. 力を加えたまま、息を吐きながら、頭をマットに下ろしてから、膝の手を外して足を伸ばして、リラックスのポーズで5呼吸休む。
  6. 左側も同様に行う。
  7. 左右を1ラウンドとして、3ラウンド行う。
  8. 終わったら、下半身が、緊張と弛緩を繰り返した感覚を味わいながら、リラックスのポーズで十分休息する。

※途中、トイレに行きたくなったら、我慢をせず行きましょう。
※いかなるヨーガの呼吸法やアーサナ(ポーズ)も、自己責任のもとに行ってください。満腹時、飲酒時、心拍数が高い時(入浴直後等)、高熱のある時はしないでください。


関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ヨーガ教室開催日

最近の記事

記事カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP