脇役で大活躍!ニンジンのサブジ


smaccのヨーガ・セラピスト 佐高 葵月代です。
道産のニンジンが山盛り売られている特売に遭遇しました!
ニンジンはスープにしてもサラダにしても、甘味が味わえる万能プレイヤーな野菜ですね。
今回は、作り置きできるニンジンのサブジをたくさん作りました。

「サブジ」はインドで野菜のおかずのことです。日本でいうお惣菜のようなメニューで、カレーなどと一緒に食べられる、ヘルシーなものが多いです。今月は、ニンジンの甘さを味わえる、クミンをきかせた一品です。材料も少なく、冷凍保存していろいろな付け合わせに使えるので、とても便利です。

ニンジンは、薬膳的には視力低下やドライアイ緩和のほか、咳を鎮めたり、食欲不振や便秘の改善にも使われる野菜です。ニンジンのベータカロテンは、油と一緒に調理すると体内への吸収がよくなるので、今回のサブジは、体調改善にもピッタリのレシピ。ぜひトライしてみてくださいね!

材料は、たっぷり4人分ぐらいです。

ニンジン400?500g(中3本)、サラダ油またはオリーブオイル 大さじ2

★ミックススパイス
ターメリック 小さじ1/2
クミンシード 小さじ1
レッドペッパー 小さじ1/4
ヒーング 耳かき山盛り一杯(珍しいスパイスなので、割愛も可)
塩 小さじ1/2
砂糖 小さじ1/2

ガラムマサラ(仕上げ用)小さじ1/4

1.ニンジンは1センチ角切りにする。
2.鍋にサラダ油を熱し、クミンシードとヒーングを入れて香りを出す。
3.クミンシードが弾けてきたら、1のニンジンを加えて油とよく絡める。
4.★のミックススパイスを混ぜて、鍋にふり入れてよく混ぜる。
5.蓋をして、ニンジンの水分を出しながら、弱火でじっくりと火を通す。
6.ニンジンが柔らかくなったら、ガラムマサラを振り入れてよく混ぜて火を止める。

※鍋は鉄製の蓋が重いもので、蒸気を逃がさないものが向いています。
※レンジで火を通しすぎると、ニンジンがシワシワになるので、解凍する時は要注意。

肉料理の付け合わせのほか、スープにそのまま入れたり、ポテトサラダに入れると風味が変わってとてもおいしくいただけます!
チャーハンやお粥に入れても、エスニックな風味が味わえます。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アドラー心理学Smile2020愛と勇気づけの対人関係セミナー

ヨーガ教室開催日

最近の記事

記事カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP