ウド(独活)の天麩羅




まだまだ雪が深い札幌ですが、なじみの八百屋さんが秋田県産のウドを仕入れてきてくれました。
今年初物! ありがたいなぁ。

私の出身の青森では、春になると母がよくウドでいろんなおかずを作ってくれました。当時は強い風味が苦手でしたが、今は大好物になったウド。今日は芽も茎も皮も、まるごと天麩羅にしました。

皮は厚めにむき、茎を食べやすい太さと長さに整えます。
新鮮だったので、今日は水や酢水にさらしません。
時間が経つと色が変わるので、手早く処理をするように。

(1)天麩羅用の衣は、小麦粉や天麩羅粉でも良いのですが、うちは米粉を使います。
(2)揚げる直前に、玉子と米粉と水をざっくりと混ぜます。
  米粉だと、少し硬めの衣にしても、もったりしません。
(3)ウドに絡む程度の濃さになったら、180度の油でカラリと揚げましょう。
  油の温度が低すぎると水分が出過ぎて、ベチャっとするので注意。

天つゆや塩で召し上がれ♪

【薬膳ポイント】
ウドの根は鎮痛、発汗、利尿作用などに効果がある生薬とされています。
食用の部分は、頭痛や関節痛、筋肉痛を取り去る作用のほか、老廃物を排除するデトックス効果もあるとされます。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アドラー心理学Smile2020愛と勇気づけの対人関係セミナー

ヨーガ教室開催日

最近の記事

記事カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP