【6月】 大きく伸びて上半身を緩める

img_2015june

smaccのヨーガ・セラピスト 佐高葵月代です。今年はライラックがライラック祭りの前に満開になるなど、春の花が早めに咲きました。札幌は彩りに溢れる季節で、私が一番好きな季節です。

5月の末には真夏のような暑さを記録した札幌、一気に夏に近づきましたが、夜はグッと気温が下がります。この頃からクーラーの冷えと外気温の差に悩まされる方も多いようです。

今月は、肩のこわばりと肘を伸ばして、指先にかけての冷えと肩周りを緩める呼吸法を行いましょう。大きく伸びるので、背中が張る時に行っても気持ち良いですよ。

1.足を揃えて力を抜いて立つ。
2.息を吸いながら、両腕をバンザイするように耳の横まで真っすぐ伸ばす。
3. 息を吐きながら、右の肘を曲げて、頭の後ろで左のひじをつかむ。
  ※肘がつかめない方は、手首でも良いです。
4. つかんだところを軽く引きあって、5呼吸数える。少し刺激が加わるぐらいで、あまり強く引きあわないこと。
5. 6呼吸目で息を吸って右ひじを伸ばし、息を吐きながら両腕を正面からゆっくり下ろしてくる。
6. 3呼吸休んでから、逆側も行う。
7. 左右3回ずつ行ったら、仰向けになるか、楽な姿勢で緩む感覚に意識を向ける。

※呼吸と身体の変化を意識的に感じることが大事です。合間に必ず休息時間を取りましょう。
※伸びている時に、呼吸を止めないよう気をつけましょう。
※いかなるヨーガの呼吸法やアーサナ(ポーズ)も、自己責任のもとに行ってください。満腹時、飲酒時、心拍数が高い時(入浴直後等)、高熱のある時はしないでください。


関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

アドラー心理学Smile2020愛と勇気づけの対人関係セミナー

ヨーガ教室開催日

最近の記事

記事カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP