【2月】 胸を開いて深呼吸!


 

※この記事は、ヨーガ・セラピーのセッションを受けている方に毎月配布しているニューズレターのコラムの拡張版です。旬の食材の紹介や、ヨーガやアーユルヴェーダのことなど、徒然に書いています。

smaccのヨーガ・セラピスト 佐高 葵月代です。
立春を前に、寒さも極みのこの頃ですね。この時期は寒さと足元を見ながら歩くことから、猫背になりがちです。そんな時は、固くなった胸と背中の筋肉を緩やかに動かして、深呼吸してみましょう!

まずは、胸を開いて、同時に肩を少し緩めてから、大きく深呼吸をします。

(1)胸を開く
1.両腕を背中に回して両手指を組む。
2.息を吸いながら、顔を天井の方に上げていく。
3.息を吐きながら、肩甲骨同士を近づけるように、胸をグッと開く。
3.肩が痛くない方は、組んだ腕を少し背中から離してみる。
4.この状態で、5呼吸キープ。息を吐きながら、顔を正面に戻し肩の力を抜いて手指をはずして、目を閉じて呼吸を整える。
5.呼吸が落ち着いたらもう一度、繰り返してみましょう。

(2)深呼吸
1.胸の前で合掌します。
2.息を吸いながら、合掌の手を頭の上に上げていく。
3.息を吐きながら、合掌の手を開いて、横から大きく腕を広げていきます。蕾が花咲くイメージで!
4.息を吐ききった時に、合掌のポーズに戻る。
5.合掌の状態で3呼吸休んでから、あと3ラウンド行う。

胸を開いてから行うことで、深呼吸がより深く行えます。合掌の手を上げた状態で3呼吸キープして3のポーズを行うと、肩コリの緩和にもなります。

どちらも椅子に座った状態でもできるので、デスクワークの合間にも気軽に行えます。気分転換にどうぞ。

※途中、せき込んだり、呼吸が苦しくなったら、楽な姿勢になって、無理をしないようにしましょう。
※いかなるヨーガの呼吸法も、満腹時、飲酒時、心拍数が高い時(入浴直後等)、高熱のある時はしないでください。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アドラー心理学Smile2020愛と勇気づけの対人関係セミナー

ヨーガ教室開催日

最近の記事

記事カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP